読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももたろ日記

発達障害と診断された娘との日常を綴っていきます

ももたろ日記

4歳になった娘

できること 難しいこと

誕生日を迎えて4歳になった娘。以前下記の記事で成長したところを書きました。

 

 

momotaroutan.hatenablog.com

 最後に課題もあるので次回になんて書いたけど結局全然書いてないことに今気づいた(-_-;)

4歳になったことで見えてきた今後の課題について書いてみます。

発語、やりとり(コミュニケーション)、姿勢保持力(体幹)の3つが課題です。

まず発語は増えてきたもののまだまだ遅れがあります。何かしてほしい時も「やって」や「とって」、「助けて」など一語で言うことが多いです。何度も「ママ、あれとって」だよと教えても、なかなか言えない。改めて習得に時間がかかるんだと思い知らされます。あきらめずしつこく言っていくしかないですね。

やりとりは特にむずかしさを感じます。療育センターでお友達を意識することはできるようになってきましたが、一方的にかかわろうとすることが多いです。勝手に手を取って走り出したり、貸し借りの概念が身についていなくて、貸してが言えなかったり、言えても相手がいいよという前にもう取ってしまったりします。ごっこ遊びが好きで家でよくやるのですが、一人二役が多くて決まった言葉をセリフのように言っています。

お店屋さんごっこだったらこちらが「2つください」といっても「1こ!」と言って1つしかくれません。まるで台本がある劇をやっているみたいに、彼女のなかで決めている会話を言わされます。こちらが言った言葉に対応できていないことがよくあるのでそこが課題です。

最後に同じ姿勢でじっとしているのに必要な体幹が弱めなところ。これは一見するとわからないのですが、椅子に座っているとき、体がぐにゃぐにゃしてしまうことです。姿勢が悪いこ自体はだからって困らないのですが、そのために立ち上がってふらふらしてしまうことが、将来小学校にあがったとき困ると児童デイの先生に言われています。

そして勉強をするための集中力が途切れる原因にもなると。将来のことを見据えて時間をかけて体幹体力はつけていかないといけない課題です。

先生には出かけるときなるべく歩くように言われています。たくさん歩くと体力がつくので近くのスーパーには歩いて行くようにしています。

細かい課題はまだまだたくさんありますが、今はこの3つを少しでもクリアしていけたらいいかなと思っています。