読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももたろ日記

発達障害と診断された娘との日常を綴っていきます

ももたろ日記

七五三 前撮り

今年の2月に3歳になったむすめ。今年は七五三の年。

ちゃんとした写真を撮るか悩みました。かなり成長したとはいえまだまだじっとしているのが難しいし、最近は初めての場所が苦手になっているので、泣いたりぐずったりして撮影どころじゃなくなりそうで、神社前で普通のスナップ写真を撮るだけでいいかなと思ったけどやっぱり一生残るし、生まれてから今までスタジオ写真を一枚も撮ったことがなかったので挑戦してみることに。

ってことでスタジオアリスに行って撮ってきました。

思った以上にちゃんとしてくれていい笑顔の写真が何枚も撮れましたし、なにより娘の成長をすごく感じれて嬉しかったです。

まず当日の前に前撮りの予約と、お参り用の着物のレンタルと当日の着付けの予約をしに店に行きました。そのとき髪を結ぶのを嫌がることが多いのでスタッフさんに相談。

ほんとに嫌がってしまって泣き出したり、結んだところを取ろうとしてしまうようだったら、下ろした状態で撮ることに。土曜日で店内はすごく混雑していてスタッフのかたも忙しそうでした。手短に話をしてすぐにあとはご自由にご覧くださいと言われたので着物をいろいろ物色。お参り用の着物は事前に予約して確保する必要があったのでその場でよさそうなものを選んで予約。撮影用は当日でよかったのでざっと見てかえりました。撮影の日は平日にしました。待たされてぐずられるのが嫌なので。

 

当日は一応ジュースとお菓子とDVDプレーヤーを持って行きました。

朝一番の予約で店へ。店には当然ほかのお客さんは誰もいませんでした。

娘はすぐにおもちゃのある場所へ行ってしまった。

店員さんから今日の流れを説明される。七五三のセット商品の説明と何着着るか。

七五三なので着物だけでもいいけど一応洋装もとることに。

そのあとすぐ着るものを選ぶのかと思いきや、ポージング、背景、小物のパターンがありどれにするか決める。すでに写真の見本があり七五三用のなかから5つ選ぶように言われる。ここがスタジオアリスの特徴な気がする。要はカメラの前に立ってからじゃあどんな背景にするかとか、小物は何にするかではなく、パターンがもう決められてるので親が選んだパターンの通りに次々と背景の前に立ち小物を渡されポージングも指定さる。どこまでの範囲で撮るかも決まっている。きっと人が変わってもみんな同じような写真だね。

そのあと着物を選んだ。娘にいくらどれがいいか聞いてもおもちゃに夢中で聞いてくれず、私の好みで決めました。洋装はドレスよりもディズニーの仮装のほうに興味深々で結局アナ雪のアナの衣装になりました。

そのあときがえの部屋に入り、髪のセットから始める。鏡のまえに座って担当の人が髪を軽くアップにしてみたけど、娘は全然嫌がらずむしろ喜んでる様子。やっぱり女の子なのかな。くしを通しても、ピンでおさえても全然嫌がりません。ゆるーいかんじのアップでしたが、ウイッグを上から巻き付け頭の大部分を隠すようにつけてもらったので見えなくて大丈夫でした。一番心配した髪の毛のアップが問題なくて一安心。

そのあとの着付けもスタッフの言うこと聞いてちゃんと着れました。

少し口紅とグロスをぬり足袋も問題なく履きました。

全部できた時はうれしかったですよ、かわいさもですが、それ以上に娘がぐずらずに楽しくやっていて本当に成長したなーと。DVDは一度も出番なしでした。

そのあとの撮影はまっすぐ足を閉じて立つのができずに何度も直されました。途中壁に寄りかかったり、椅子に座ると足を全開したり、小物をちゃんとカメラのほうにむけられなかったり、和傘を持つのに傘が気になってなかなかポーズ取らなかったりと細かいことを言えばきりががなく、大変でした。が娘はとっても楽しそうにやっていました。やっぽりスタッフの方々は子供の扱いに慣れていますね。アンパンマンやらミッキーやらいろいろ使って盛り上げます。そして笑ったところを逃さずパシャッとシャッターを押してました。

洋装で選んだアナの衣装にチェンジ。髪型もウイッグを取って三つ編みのおさげをつけました。アナの衣装はふつうの服に近く着物と違って動きやすいからか、撮影に入っても動き回っていてなかなかポーズをとってくれませんでした。たくさん撮ったけど着物ほどはいい写真がとれませんでした。でも七五三の撮影なのでついでと思えば十分ですね。

撮影が終わると撮った写真がパソコンの画面に出てるので、その中から良い写真を選びプリントやアルバム、フレームなどの商品にしてもらいます。

何かしらの商品にしないとデータは残りません。消去されます。

良いのを1枚か2枚くらいプリントしてもらって写真立てに入れて飾るだけでいいかなと思って実母に言ったら、七五三の写真は一生残るものだからちゃんとしたアルバムをにしておいたほうがいいよ。あなたの時のもちゃんととってあるわよ、って言われた。母よ結構な値段するの知ってるのかー。

そんなこんなでアルバムにすることに。ポージングのパターンが5パターンあったから全部入れる。まさかこんなにうまくたくさんの笑顔の写真がとれると思っていなかったのでちょっと高い値段だけど一生ものと思えばと奮発しました。

そんなこんなで疲れたけど充実した七五三の前撮りでした。

出来上がりが楽しみです。