ももたろ日記

発達障害と診断された娘との日常を綴っていきます

ももたろ日記

土曜参観

先日、幼稚園の土曜参観がありました。

ぱぱは、普段幼稚園の様子を見ることがないので、仕事もお休みということで夫婦で参加しました。

当日、一緒に登園。はじめてなので何をやるのかよくわからなかったのですが、平日の保育参観とは違って、教室ではなく園庭での参観でした。

子供は一旦、教室に行って、親は園庭で待機。時間になると、年中、年少のみんなが次々と園庭に出てきて、整列し始めました。

年少さんは、玄関からすでに2列に並んで列で移動。年中さんは各自、靴を履き、ばらばらで園庭に出て行き、自分のクラスの先生の前に背の順に並びます。うちの娘は、みんながどんどん出てきて、並んでいるのに、なかなか出てこなくて、どうした?と思っていたら、最後のほうにやっと出てきてました。自分のクラスは帽子の色で分かっているのですが、背の順なのに一番後ろに並び、先生に連れられて、自分の位置につきました。まだ先生の言った指示がわかっていないか、わかっても忘れてしまうのかな。列に並ぶとき、早いもの順のときと、背の順とあるようですが、どっちなんだろうと迷っているのかも。この辺は定型の子は言語理解が強いし、記憶力もあるので、先生の言ったことをちゃんと理解し、記憶にとどめ、教室からでて列に並ぶまですぐに行動できるのでしょう。

次に準備体操のようなダンスを踊りました。これはだいたいできていましたが、その場で回るというのが、わからないらしく回ることはなかったです(-_-;)

そのあと園長先生のお話があり、そのあと年少さんは教室に戻って、年中さんはそのまま、園庭で活動になりました。

園庭での活動は、クラス対抗のかくれんぼゲームで、簡単に言えば、親は自分の子供を見つけ、子供は自分の親を見つけ早さを競うゲームです。

まず親は、後ろに向き子供を見ないようにして子供が園庭の中央で膝を丸めて伏せます。合図で自分の子見つけに行きます。みんな同じ服を着ているので、靴で自分の子供を見分け、見つけたら自分のクラスに抱っこで帰り早く全員が帰ってきたほうが勝ち。

次にその逆で親が伏せて、子供が自分の親を見つけて、自分のクラスに早く戻る。

うちの子はこれはちゃんとやっていました。隠れてという合図でちゃんと、少し歩いたところでお団子のように体を丸めて下をむきずっとじっとしていました。

次のぱぱを探すところでもちゃんと理解し一生懸命探していました。

ゲーム終了して子供たちは水道で手を洗い水を飲むよう指示があったのですが、先生と手をつないで水道までいきました。わかっていなかったのかそれともいつもこうなのか…。

このあと子供たちは、教室に戻り終わりの会をしました。

帰り支度をして、紙芝居をパパたちが読むのを聞き、帰りの歌を歌って、解散でした。

 

体操参観の時と同じで、全体の流れにはついてはいけているけれど、細かいところではまだまだ先生のサポートが必要だな、と感じます。

あと体を曲にあわせて動かす体操が苦手なのかな。半分くらいは体が動いてませんでした。やはり体の動きをまねるのは苦手です。秋の運動会に向けてもう少し体を動かせるようになってほしいかな

 

 

体操参観

うちの娘が通っている幼稚園では、週に1回体操の日があります。

学校でいう体育の時間ですね。体操着に着替え、専任の先生が指導します。クラスごとに、園庭またはホールで順番にやります。

その体操の参観日が先週あって、見に行ってきました。

着いたときは、前のクラスがまだ終わっていなくて、ホールの前で2列にならんで、座って待っていました。特にうろうろすることもなく待っていましたが、前のクラスが終わりそうで、立って待つとき、動かずピシッと立つように言われているのに、娘は前のクラスの様子が気になり、背伸びして少し横にずれて立っていました。

先生の合図でホールに入り2列になって先生の話を聞きます。

先生は大きな声であいさつした後、座る立つなどの指示で子供たちが動くのですが、うちの子はいつも遅れがちでした。先生の指示でというより、周りのお友達が動くのを真似している感じでした。この辺は指示理解がまだまだ難しいと思いました。

今回は跳び箱を飛べるようになるための前段階で、両足ジャンプで低い台に登って、両足で着地する練習でした。一列に並び、先生の合図で走り、跳び箱の1段を両足でジャンプして乗っかり、またジャンプしております。

うちの子もちゃんと順番をまち先生の合図で走り出し、ちゃんとジャンプもできていました。このへんは片足で登る子や、またいでしまう子もいたので、ちゃんと指示通りにできていて感心しました。

次は一段高くして、手をつき両足を引き付けて跳び箱ににのる、練習でしたが、これもちゃんとできていました。

最後はまた2列に並んで挨拶して終わりでした。

短い時間であっという間に終わってしまいましたが娘も楽しんでやっていてよかったです。

今、児童デイに週2回、幼稚園を休んで行っていますが、この体操がある日は休みにならないようにしています。

なぜかというと、この体操は小学校の体育につながると思っているからです。もちろん跳び箱や鉄棒ができるようになるためでもありますが、それよりも体育の授業の流れと似ていると、見学の時に感じたので、ぜひ受けさせたかったのです。

先生の前に列をつくり、ピシッとまっすぐに立ち、しっかりと話を聞き、言われたとおりに体を動かす。この経験を積み重ねるのはうちの娘にはとても重要だと思っています。じっと立つこと、集中して先生の話を聞くこと、好きなようにではなく、言われたように体を動かすこと、どれも苦手なことです。

小学校に入ったとき、体育の授業で戸惑わないようにするためにもこの積み重ねは大事なので、体操の日は必ず出席させています。

保育参観でも体操参観でも、本当にこちらが困ってしまうような、多動は見られなくなりました。特に幼稚園では周りのお友達がみんなしっかりしているので、良い影響を受けているようで、みんなの真似をしようという姿勢が見られて安心しています。

 

親子遠足

少し前ですが、幼稚園で親子遠足がありました。

当日は朝早く起きて、お弁当をつくり、準備をしましたが、結局ギリギリの出発でした。園についたらまだバスが到着していなくて、ほっとしました。

行先はバスで1時間ほどの大きな動物園。

バスの中ではママたちが一言づつ挨拶をして、あとは動物のクイズを先生が出したり、歌を歌ったりしていました。

あっという間に動物園に着きました。最初に集合写真を撮りました。なぜかうちの娘は泣き顔。どうしたのだろうと思ったら、トイレに行きたかったのに行けなくて泣いていたみたいでした。終わったらすぐにトイレに行き、機嫌もなおりました。

その後クラスごとに並んで動物を見て回りました。手作りの動物カードに見つけた動物のシールを張りながら回りました。そこまで動物に興味のない娘でもシール貼るのが楽しいみたいで頑張ってあるきました。

広い動物園の半分ほどを午前中に見ました。ぞうとペンギンが良かったみたいです。

お昼は大きな広場でクラスごとに食べました。ふだんバス通園でほかのママさんたちと会う機会がないので、グループとか出来上がってて入れなかったらどうしようとおもいましたが、そんなこともなくすんなりと入れました。

午後は各自自由で、ここの動物園は大型遊具もいくつかあって「公園、公園」とうるさかったので遊具で遊ぶことに。親子ふたりだけでお友達とは行きませんでした。誰かと一緒に行っても好きなように遊ぶので、あえて二人だけで行きました。

天気も良くて暑いくらいで、一日たくさん遊びました。私はすごく疲れたけど、娘はすごく楽しかったようで良かったです。

お弁当のあとお菓子交換がありました。うちの娘は最初、よくわからない様子でしたが、途中からわかってきて、私が持っていったお菓子をもっていろいろなお友達と交換していました。

また、うちの娘に声をかけてくれるお友達も何人かいて、名前を覚えてくれていてうれしかったです。まだまだ、園での様子やお友達のことを話してくれることが少なく親の私が知らないことが多いので、行事でほかのお友達のことを知れてよかったと思いました。

 

 

保育参観

5月は保育参観と親子遠足がありました。

幼稚園には園バスで通っているため、幼稚園に行くことがほとんどありません。

初めての保育参観。娘がちゃんとやっているのかドキドキでした。

 

当日、先に園バスで行くのを送ったあと、私は自転車で園まで行きました。

着いた時にはもう朝の会が始まっていて、歌を歌っていました。

テーブルを囲んで椅子に座り、手をたたきましょの手遊び、

そのあと立って、先生おはよの歌を歌いました。

そのあと、先生の指示でクレヨンを取りに行き、好きな動物の絵の紙を取りに行き、塗り絵をしました。

そのあと片づけをして、外遊びに行きました。

外で遊んでいる間、親たちの懇親会がありました。

その後解散で、子供は午後も保育があるので親だけ帰りました。

 

だいたいの流れはわかっていて元気よく参加できていて、離席もなく安心しました。

一年で本当に成長しました。一年前だったら座っていることはできなかったと思います。

課題ももちろんありました。

指示理解がまだわかっていないことがある。

女の子は席で待ってて、男の子だけがクレヨンを取りに行きましょうの指示に取りに行こうとした。

好きな動物の絵を取りに行くとき、好きな動物の声がかかったときに列に並んで先生から受け取るのですが、どうしていいのかわからず私に視線を送ってきたので、ジェスチャーで並ぶように合図したら列に並びました。

塗り絵が終わったあと、椅子にある座布団とクレヨンをロッカーにおいて、帽子を被るという指示がよくわからず先生と一緒に片づけていました。

この後、園庭遊びだとわかったとたん、我先に出ていこうとして、補助の先生が手を繋ぎ一人だけで行かないようにされていました。

やはり一斉指示理解がまだ難しいようです。

自分だけに向けた指示であれば理解できるが、全体に向けての言葉だとどうしたらいいかわからず戸惑ってしまうようです。特に説明が長いといわれたとうりのことができていない気がします。

そして外遊びをするとわかったらすぐ行動するところも、わからない時との差がかなりあります。

成長と課題両方が確認できて、有意義な保育参観でした。

 

ちなみに座ってた座席の位置は、先生に一番近いテーブルで、先生の目の前でした。

指示がわかりやすいように配慮してくれているみたいです。

 

 

 

 

 

幼稚園入園 そして今年度の療育

娘が幼稚園に入園してもうすぐ2か月になります。

とりあえず、特に嫌がることもなく、楽しく通っています。

言葉の遅れもあるので、詳しい園での様子は話せませんが、わりとわかりやすいタイプの子なので、行きたくなかったらはっきりと態度に出すので、楽しいのだと思います。

とりあえずは安心してます。バスで通っているので、担任の先生となかなか話ができないのでそのへんが一番困るところかな。

 

入園式のことについて

ほとんどが年少さんからの進級組なので、最初から子供のみで列を作り入場。親は後ろで見守ります。娘は一番後ろで先生と手をつないで入場。これはわざわざそうしてるのではなくて、直前にトイレに行って集合が遅れ、一番うしろになりました。歩き方が前のめりで、前の子にぶつかりぎみで歩いてた(-_-;) 着席後はずっと座っていることができました。園長先生の話、歌や手遊び、先生の紹介と30分程度でしたが、娘の成長を感じることができてうれしかった。一年前では考えられないほど落ち着いてました。

 

その後、教室に移動。子供が横に2列で椅子に着席。親はその後ろに立って、担任の先生の話を聞きます。そのときも座っていられました。ただ名前を呼ばれたら、先生の所に行って配布物をもらうのが2回あったのですが、一回目はできたけど、2回目は先生の声に反応できず、できませんでした。先生から娘のところに行ってわたしてました。最後のほうだったので、集中力がきれてたのかも。

気になったことが2つほど。

この日はクラス役員を決めることになっていました。その間子供は退屈ということで、子供だけホールに移動して、終わるまで遊んでいたようです。帰ってきたとき娘の手にはおもちゃが。椅子にみんなで座って先生が話始めました。すると娘が大きな声で「せんせーい、おもちゃー」と・・・。もー話すタイミングが・・・。先生話してるのに。

あきらかにみんな先生の話に集中してるのに。このへんがなんか周りをみてない感じで。ざわついているようなときではなくしーんとしてるのに。

あと最後のおわりの会でその場で立って、あいさつするのになぜか娘はひとり前に出ていき先生の目の前であいさつしてました(-_-;)。みんな横2列にならんでいるところ、一人だけ先生の前って・・・。浮いてるよ。もちろん初めてのことだからしかたないけど。これも周りを見てません。

この辺は課題ですな。視野を広げて周りのお友達の行動をよく見れるようになってほしいです。

 

今年度の療育

月曜日 児童デイ(日中)幼稚園休み

火曜日 幼稚園 夕方リーフ(集団)

水曜日 児童デイ(日中)幼稚園休み

木曜日 幼稚園

金曜日 幼稚園 来月から夕方リーフ(個別)

土曜日 なし

日曜日 リーフ(小集団) 6月で退園

 

こんな感じの1週間です。

幼稚園は週3日。昨年度から通っている児童デイに日中に週2日。火のリーフは自宅から近いリーフで待機していたら4月から空きが出るということで、幼稚園が終わってから夕方に行くことに。金のリーフは、6月から空きがでるとのことで新しく個別を入れました。日曜日のリーフは昨年度から通っていた、自宅から車で30分以上かかるところのリーフです。こちらは火、金、週2で近くに通えるので6月いっぱいでやめることに。

市の療育センターは3月で退園しました。

理由は、うちの子にはもうちょっと厳しい内容のほうが適してるかなと思ったからです。あと個別療育がなくすべてが集団療育なのもやめた理由です。

うちの市は地域の療育センターは一地区に一つでこちらは選べません。そのかわり療育が必要と判断された子は、親が望めば必ずセンターに通えます。ただし通う日数や、クラスは選べません。センターがその年の希望人数や程度によってクラス分けされます。昨年度のうちの娘のクラスは正直、発達障害の程度も、発達の遅れも、様々でこのメンバーで同じ療育をやるのってどうなのと疑問でした。ある程度言葉が出ているけど、手が出やすい子もいれば、運動が苦手で言葉はほとんど出てないけど理解力は高い子。言葉理解もほとんどできていなくて指示理解ができずうろうろしている子、発達自体がゆっくりだけど発達障害の程度はごく軽い子など。たぶんどの子にも必要な療育をやっていたのでしょうが、うちは体幹が弱かったので運動系をもっとやってほしかったけど、全然足りなかったです。シール貼りとかもただ好きなように貼っておしまい。でしたが、貼る場所を決めたり、色分けして貼ったりとか子供によって課題を変えてほしかったです。

最後のほうは席を立ってうろうろすることが多かったのですが、ベテランで最年長の先生いわくうちの子には簡単すぎる内容でつまんないらしい。つまんないからって席を立つのはそれは問題なんだけど、もうちょっと内容を個別対応にしてもらえたらなーと感じていました。センターでは個別の能力を上げる場所ではなく社会性をはぐくむ場所なのだなーと感じてました。

児童デイでかなり厳しい療育を受けていて、運動系もしっかりやるし、個別ではマッチングや線つなぎ、弁別(種類分け)、数字理解、線引きまでやっているので、センターの内容はかなり緩く感じてしまい。また本人も児童デイに楽しく通っているので、わざわざもう一日幼稚園休んで行く必要はないと思い退園することにしました。

 

 

 

 

幼稚園2年保育にした理由

何度も過去の記事に書いているように、娘は4月から幼稚園に入園します。

2年保育であり、年中からの入園です。

私たちの住む地域の幼稚園は3年保育つまり、年少から入園する子がほとんどです。

娘が入園する園も年中40名募集に対し10名ほどしか入園希望がなかったようです。

 

今回は去年、娘の幼稚園入園を考え、その後園の見学、そして3年保育をやめて、2年保育に決めた時期のことを書きたいと思います。

 

2年保育に決めた理由は大きく2つ。

多動がひどく言葉での指示を理解できていないので、集団生活はまだ難しいと思った

発達障害と診断されたのが9月の中旬ごろで、幼稚園の情報収集に時間がなく、慌てて決めることに不安があった。

 

当時、娘は人の支持を理解しその通りに動くことが難しかったです。何か気になるものがあると、そちらばかりに興味がいって人のことを見ていなかったりしました。

集まりが特に苦手で手遊び指遊びを全然やらず、好きなように歩きまわっていたし、これはやめようねと言っても意味がわからないのか、なんでも好きなようにやってしまうので集団行動ができるか心配でした。

 

あと医師から発達障害と診断されたのが9月の中旬で、それまでは普通に幼稚園を受けようと思っていました。でも発達障害とわかった以上は、理解のある園にいかないと入園してから娘が大変だと思い、情報収集をはじめました。

自宅から近い3園に話をしてみましたが、そのうち2園は難しいとの回答。1園はどちらとも答えず、入園希望であれば願書提出日にほかの子と同じように面接に来てくださいとのことでした。

自宅から一番近いところは歩いて10分かからないところにあります。とりあえず見学会に参加し、園長に事情を話し後日面談しました。面談中、娘は座っていることができず、あっちこっち歩き回ったり部屋にあるいろんなものを触ったりしてしまいました

そんな娘に園長は「ちょっとそれ触らないで!」と注意。結局、療育センターに通っている子は一人も在籍していないこと。じっと座っていられない子はうちでは難しいこと。受験しても断ることになるでしょうとのこと。私への説明はすべて同席した主任の先生が話して、園長が自分の口で説明することは一度もありませんでした。事前に面談してくれて期待しましたが、まったくの反対でした。センターに通っている子が一人もいないので必要な配慮は難しいとのことで真っ先に候補から消えました。

正直、この園は発達に遅れとかがなくても、あまり行きたいと思える園ではありませんでした。

というのも見学会の間、園長は幼稚園として何を一番重視してるとか、何が特徴なのかとか、園の方針とかを何も説明しないんですよね。いきなり願書提出日の流れとか、面接のこととか、他の園との掛け持ちはとか、受験の話ばかり。それは園の説明会が後日ちゃんとあるわけで、そんなことより園での過ごし方や先生の数とか知りたいんですけど・・・その後も給食、バス、行事などの説明を40分ほどしてました。

園長が説明している間、子供たちは飽きちゃって、歩きまわったり、遊んだりしてたのですが、一人の子が園長が用意した園舎の模型(この当時この園は園舎建て替え中で実際の建物は見れなかった)を触ろうとしたら、「親御さんはどちらですか?触らせないようにしてください」とか言うし、部屋から出ようとした子がいて「危ないです、おかあさんはどこですか?ちゃんと見ててください」とか。いやいや40分くらいも話をしてて3歳の子供がじっとしていられるわけないでしょ。しかも集団生活したことないんだから。せめて先に触れさせないようにとか部屋からでていかないようにしっかり見ててとか話しとくべきでしょ。ほかの園にも見学会行ったけど、部屋で延々と話をしてる園はありませんでした。

そのあとは解散で教室を見たい方は自由に見学していいとのことで見にいきました。しかしここでもどうなのよと思うことが。

そのとき部屋では給食が配られていました。先生は忙しそうにしていました。私は一番最初に入っていったのですが、先生たちがあまりにもこちらを気にしてないし前を通り過ぎてもあいさつを一切しません。本当に入っていいのか不安になり、次に入ってきた方と相談して、近くにいる先生に「見学会で来ているのですが、ここで見学してても大丈夫でしょうか?」と聞いたら、は?というあきらかに知らない感じの表情をしました。特にお待ちくださいとかの言葉もなく、無言でその先生はとなりの教室のリーダーらしき先生のところに行きなにか話をして、戻ってきました。がまさかの素通り。そして何事もなかったかのようにまた自分の仕事を始めました。えっ私、今質問しましたけど、答えは?びっくりです。こんなこと普通に社会で生活しててもないですよ。それが幼稚園でされるなんて驚きました。完全なシカトとかではなくわざわざ確認に行って答えないで終わりって。そもそも見学会があることすら知らなかった様子。ありえないです。

ちなみに給食配っているあいだ子供たちは微動だにしませんでした。いただきますをするまでは動かない話さないというルールがあるのかも。私たちが入っていっても誰一人振り向くこともなく前をじっと見てました。

こんな感じの園でうちの子には無理だし、そもそも園の側も入園は難しいとの回答ですぐに候補から外れました。

でもちゃんと相談してよかったと思います。知らないで普通に入園してしまったら途中で退園なんてことも有り得たと思うので。

長くなってしまったのでほかの2園は次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

キノコが気持ち悪い!?

今日、夕飯を食べに回転寿司に行きました。

そこで茶碗蒸しを頼んで娘に食べさせようとしたら「キノコきもちわるいー」を3回くらい連呼。茶碗蒸しの上にしめじがドーンの乗っていました。口にはまだ入れてません。きもちわるいの?と聞いたら、「うん」というので、どけてあげて何も具の入ってない茶碗蒸しをあげたら、全部食べました。

今まで茶碗蒸しは食べたことあるけど、キノコが乗っているのは初めてでした。

キノコの見た目がダメみたいですね。うーん・・・なんかよくわからないけどとにかくダメらしい。

思い出すのがセンターで同じクラスの子で水が苦手だったり絵具がダメだったり、スライムが嫌いだったりする子がいましたが、たぶん同じようなことなのかな?

うちの子は典型的な偏食で、野菜はほとんど食べないし、ご飯は食べるのに、ケチャップライスは食べられないし、プレーンヨーグルトは食べるけど、フルーツの入ったヨーグルトは食べません。色が強いのがダメなのかなー。

でも言葉で伝えられるようになったので成長を感じます。ただ泣かれるだけじゃ、こっちもなんだかわからなくて困るだけなので、泣かずにちゃんと伝えられるようになってきて楽になってきました。